次元を超えたテラスハウスの住人 ちゃんもも◎インタビュー

現在フジテレビにて毎週金曜日23:00~23:30に放送中の人気番組「テラスハウス」に出演中のちゃんもも◎。彼女は今いったい何を考えているのか、子供時代の話から現在のテラスハウスに至る話、はたまたファッションやメイクのこだわりポイントまで多方面からお話を伺った。
取材・写真:MISUMI

―ちゃんもも◎はどんな子ども時代を過ごしていたの?

ちゃんもも◎:今となんにも変わってないですね。わたし幼稚園生の時に中二病がきたんです(笑)。幼稚園の頃にみんなで写真を撮るじゃないですか、その時にみんなの輪から外れてすごい顔してカメラを睨んだりしていて…こんな慣れ合いには付き合ってらんねーよみたいな(笑)。

―幼稚園時代から片鱗を見せていたんだね(笑)。

ちゃんもも◎:中学の時はダンスをやったり書道を習ったりしていました。中学高校の時は人格が今と結構違ったんですよ、自分でも性格が悪かったなって思うし、ひどい人間でした。でも高校三年生の時にこのままじゃだめだと思って、自分のスイッチを入れなおして大きく変えたんです。

 

―高校三年生の決意が一つの転換点になったと。”ちゃんもも◎”としての活動はどれくらいから始まっているの?

ちゃんもも◎:19歳。渋家に引っ越してきてからです。そこからずっとちゃんもも◎として活動していますね。

―渋家(渋谷にあるオルタナティブ・スペース)は何がきっかけで住むことが決まったの?

ちゃんもも◎:友達がよく遊びに行っていて、連れて行ってもらったんです。玄関を開けたら壁中が落書きだらけで、齋藤桂太という長髪でいかにもな創設者が出てきて…(笑)。ヴィレバンとかにある小説に出てくるような世界が本当にあることに衝撃を受けました。行ったその日に速攻「ここに住む!」って決めたんです。「こういう環境だし、1ヶ月くらい居てみてそれから決めなよ」って言われたんですけど。「住む!」ってずうずうしく押し切って住み始めました。

―なるほど、実際住み始めてみてどうだった?

ちゃんもも◎:住み始めてからすぐにシンワアートミュージアムで「via art」という展示があって、そこで初めてアートをやったんですがそれが本当に楽しくって…そこからアートにはまりましたね。それまでは自分の表現を決めかねていたんです。渋家に出会えたことは本当に奇跡みたいなものだと思います。自分のやりたいことがぴたっとあてはまるようなことに出会えて本当に幸せものだなと。

―今まで住んできて面白かったエピソードはある?

ちゃんもも◎:引越しの時かな。次のステージに進まなきゃって恵比寿から引っ越すときに、お金が百万円以上必要だったんです。そこで、みんなで日払いのガテン系の仕事をして、帰ってきてはそのお金を引越しの資金にするということを毎日繰り返していました。あとはインターネットで、今でいうクラウドファンディングのような感じでお金をくださいと募集もしたりもしました。今は、渋家のことを勘違いしている人が世の中に沢山いるからそれを何とかしたいと思っています。実際に渋家というものを知っていて、それからの批判とかは全然いいんだけど、ネットにあふれている嘘のイメージがなくなればいいなと思います。

―実際渋家に行ったことがある人からするとありえないような話がネットでは書かれているよね。その後テラスハウスに住むようになって何か心境に変化はあった?

ちゃんもも◎:もも自身は心境とかスタイルは変わっていないです。でもテラスハウスという環境でみんなのことを見ていて、背中を押されるみたいな感覚はあります。なので今までよりも頑張ろうという気持ちは強くなりました。いつかはテラスハウスを出なくちゃいけないけど、その時には今までに出て行った人のように、自分の中に大きな決意を持って出ていけるようにしたいです。

―ちゃんもも◎にとってテラスハウスはどういう存在?

ちゃんもも◎:レイヤーの一つ。テラスハウスを通してしか見れないことを探す場所です。なにせ特殊な生活なので、色んなもの得られてます。そういうの沢山欲しいんです。いつか何かに役に立つはず。

 

―これまでの人生で大きな影響を受けた人はいる?

ちゃんもも◎:超いっぱいいます(笑)。わたし6月14日生まれなんですけど、チェ・ゲバラとMaltine Recordsのtomadと誕生日が一緒なんです。チェ・ゲバラみたいに大それたことではないけど、小さな世界で考えたら革命のようなことをやりたいです。ビジュアルイメージの面ではゆうこりんに影響を受けました。ももはよくぶりっこって言われるんだけど、たぶんそれはゆうこりんの喋り方を真似していた時期があってその名残だと思います(笑)。一時期は髪の色もお洋服もゆうこりんと同じにしていました。他には、みうらじゅんさんといとうせいこうさんにも影響を受けています。あの人たちそのものも面白いんだけど、自分たちが好きって思ったことを周りに流されずどんどん紹介していくスタンスが好きです。だからもももそういうことをしたいと思うから、Twitterとかには自分の好きなもののこととかをいっぱい書いています。

―ちゃんもも◎は本当に突き進んでいくタイプだよね(笑)。

ちゃんもも◎:ももは人生にあまり意味はないと思っているけど、どれだけ瞬間最大風速的な積み重ねができるか、いかに今が一番楽しいって思えるかを常に考えています。今この瞬間を一番楽しく歌舞くっていうのが生活する上での最重要事項です。もし、周りの人たちにあわせて、型にはまった日常を嫌々続けている人がいるんだとしたら、もものつくった作品や、ももの人生の振舞い方とかを見て、「こんなにクズでもいいんだ」と思ってくれたらそれが一番嬉しいです。自分のためでも誰のためでもなく、やりたいことだったらとにかくやればいいと思っています。

―なるほど。今年2月14日には、Marginal Rec.からちゃんももがボーカルを担当したアルバムもリリースされましたね。これはどういった経緯で?

ちゃんもも◎:ももがよしぼ(芳川よしの)の曲の仮歌を歌ったことがあって、それをSoundcloudにあげたのをあきにゃん(akinyan electro)が聴いてくれたみたいで、「良かったら一緒にやろうよ」って言われたのがきっかけですね。作詞も今回3曲を担当しました。すごくいい作品が完成したと自分でも思っています。

―全曲とも聴いたけど、とても素晴らしい出来でした。

ちゃんもも◎:歌詞も結構するする出てきたんですよ 。だから、作詞家っていうのもありかなって思った。自分の中で架空の女の子を想像してその子の目線で書いたりするから、どんどん妄想が広がっていきます。言葉を操るのはすごい楽しいから、作詞もこれからやっていけたらいいな。

―実際完成した曲を聴いてみてどうだった?

ちゃんもも◎:本当に全曲めっちゃいい曲なんです。『Showtime! バレンタイン♪』というバレンタインの曲があって、それとかは中学生とか高校生の女の子、恋愛にはまっていているような子に聴いて欲しいです。『Beyond The Night』はがんがんクラブとかでかかったら嬉しいな。DJも始めたし、音楽はもともと好きだから何かしらで音楽とは繋がっていたいなと思います。ボーカルでもDJでも作詞でもいいから。風呂敷を広げ続けていきたいです。世の中が勝手にセーブをしてくれると思うし、とりあえずやりたいことを広げ続けていきたいです。

―最近聴いている音楽はあったりする?

ちゃんもも◎:やっぱりTwitterでもよく言っているけどSEAPUNKかな。髪の毛とかも水色にしたりしたいと思ってます。SEAPUNKは実は最初あんまりぴんとこなかったんですよ、でもアセンションを経験して、次元が上昇してからはすごく好きになったんです。

―アセンションはいつ起きたの?

ちゃんもも◎:2012年の12月22日にアセンションしました。すごいスピリチュアルな話だけど、日常生活に落としこむと゛物事の見方を変える”だとか、”今までとはまったく違う価値観で生きていくこと”ですかね。”自分”対”世界”じゃなくて、もう一個上がった次元で今は生きています。肉体は変わっていないんだけど魂の居場所が変わった感じです。よくツイートとかで「今6次元からツイートしています」とか書くんだけど、魂がそっちにいるって感じ。アセンションする時って体にも異常が起きるんですよ、体が次元と次元の間を行くから引き裂かれそうになるんです。体が痛くなったり熱が出たりする。次元が上がる瞬間は、「これいまアセンションしてるんだ…」と思ってそっと目を閉じました。次目を開けた時はもう多次元宇宙でしたね(笑)。

―最近好きなアイドルはいる?

ちゃんもも◎:エビ中(私立恵比寿中学)です。ももはアイドル大好きだけど、エビ中に出会うためのアイドル人生だったなと思います。今売れているアイドルってみんな頑張って無理をしている印象があるので、それを見て感動するのはなんか違うなって思うんです。でも、エビ中
のみんなは自分の好きなように楽しくやってる、周りの大人たちも無理をさせようとしていないんです。その点において現在唯一の本物のアイドルという感じがします。14歳とか15歳とか女の子が一番輝く時期から大人になっていく感じ、そういう成長を見ていくのもとても楽しいです。エビ中は本当に最高。

―エビ中の中では誰推し?

ちゃんもも◎:柏木ひなたです。顔がまず超好き。見た目では文句なしです。ももが好きなアイドルって歌がうまい子なんです、ひなたの歌はアイドル史上ナンバーワン! エビ中の歌はみんな良いんだけど、ひなたはなんかエモいんです(笑)。声とかもすごいハスキーで、ディーヴァみたい。子供っぽくてカワイイし、喋り方も好き、もう全部好き(笑)。

 

―ちゃんもも◎はファッションに対してのこだわりはあったりする?

ちゃんもも◎:ももはインパクトのあるデザインが好き。どのジャンルでも最高に可愛いと思ったらそれを着たいと思っているから、その日によって着ている服のジャンルが違うんです。何系っていうのは本当にないんですよ、わたし。

―メイクのこだわりは?

ちゃんもも◎:変って言われてもいいから自分の気に入ったメイクしかしたくないです。アイメイクってやり過ぎると気持ち悪いと思われたりするんだけど、周りの意見は気にせず自分が可愛いと思うお化粧をするよう心がけています。目は大きく見せるために、鼻は高く見せるために、顔は小さく見せるために、だまし絵みたいなメイクをしています。あとは、メイクする上ではカラコンが一番重要。カラコンしないくらいだったら化粧もしたくないって思います。あとは整形するのもお化粧するのも感覚が一緒だから、気になる部分があったら影を描くのと一緒で、鼻の高さがほしいと思ったら注射を打ったりもします。

―それでは最後にこれからの目標とメッセージをお願いします。

ちゃんもも◎:今年は勝負の年、一番自分にとってこの先に影響を与える一年だと思います。なので行動力を持ってやりたいことは全部やりたいです。 ももが好きなものを好きになってくれたりして友達が増えていくのも楽しいし、なんでも色々やるっていうのが目標です。もものTwitterとかにリプライをくれる人がいるのがすごい嬉しいし、妹が欲しいって言い始めたのをきっかけにして妹ちゃんたちが超いっぱいできたから、みんなと女子会がやりたいなって思ってます(笑)。それは本当にやろうと思っていて、妹ちゃんたちと会えるのを楽しみにしています。これからも見たい人はちゃんもも◎のことをずっと見ていてくれたら嬉しいです。

関連サイト

ちゃんもも◎ Twitter

渋家
http://shibuhouse.com/

テラスハウス公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/terrace-house/

Searchlightダウンロードページ Marginal Rec.